かがり縫いとは|ミシンでするならジグザグ縫いが必要

■かがり縫いってどんな縫い方?

かがり縫いは、布の裏から表へ向かって、布端を巻くように縫い進めていく縫い方のことです。フエルト小物などでよく使われているので、見たことのある方も多いかもしれませんね。
布端の処理としてほつれるのを防いだり、敗れた箇所を閉じたり、ぬいぐるみの綿入れ口をとじる時などに使われます。

■手縫いのイメージがあるけど…

かがり縫いは、手縫いのイメージがあるという方も多くいらっしゃるかもしれませんね。ですが、家庭用ミシンで簡単に処理することができるのです。「ジグザグ縫い」があることが条件です。
手芸本などを読んでみても、布端に「ジグザグ縫いを」と記載されていることがよくありませんか?
なお、より補強度を高めたい方には「裁ち目かがり縫い」をおすすめします。こちらはジグザグに加えて直線縫いが合わさっているもの。ほつれ留めにはより効果的な方法です。ミシンに専用ボタンがあるケースが多いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    アーカイブ

    このページの先頭へ