返し縫いとは|ミシンでできる

■返し縫いってどんな縫い方?
「返し縫い」は、通常の縫い方である「直線縫い(並縫い)」よりもじょうぶな仕上がりになるのが特徴です。「直線縫い」で進んでいったものを、また元の場所まで戻っていくようなイメージで縫う方法をさします。
なお、ミシンの場合は、縫い始めと縫い終わりに返し縫いをしてほつれにくくする必要があります。

■ミシンではどうやってできるの?
多くのミシンには、「バックタック(逆転縫)」機能があります。つまり、ボタン1つで返し縫いに切り換えることが可能なのです。他の縫い方ができるボタンがついているミシンもありますが、返し縫いは特に使用頻度が高いものですから、それとは別にボタンがあることがほとんどです。なお、中にはレバーに返し縫い機能がついているものもあるようですね。
返し縫いをした後の両端の始末に困る方は多いようです。おすすめは、「ほつれ止めピケ」を塗ることです。裏の縫い目に少し塗布するだけで、ほつれを防ぐことができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    アーカイブ

    このページの先頭へ