ミシンの縫い終わりはどうするの?

ミシンを使うとき、縫っている間はボタンを押して布を抑えているだけなので非常に簡単です。
では、縫い終わりはどのようにすればよいのでしょうか?

■基本的には返し縫いでOK

ほとんどのミシンには、ボタン1つで自動的に返し縫いを行なってくれる機能がついています。
そのため、この機能を利用して縫い終わりを返し縫いするだけでも大丈夫です。実際にミシンを使っている人がどのようにしているのか、Q&Aサイト等を見てみたのですが、ほとんどの方が返し縫いだけで切りっぱなしにしているようでした。

■より強度を高めるのなら

ミシンの返し縫い機能を使い、切りっぱなしにするという方法でも良いのですが、縫うものによってはそれでは強度が弱くなってしまう可能性があります。
そこで、返し縫いをした後に、さらに玉止めをするとほつれるのを軽減することができます。
ミシンを縫い終わった時には、布の表と裏にそれぞれ糸が1本ずつ出ているはずです。
この時に、裏側の糸を少し引くと、表側に出ていた糸を引き出すことができます。このようにして、まずは裏側に糸が2本ある状態にしましょう。
あとは、その2本の糸を結ぶだけで玉止めの完了です。

■自動で玉止めしてくれるミシンもある

ミシンの中には、玉止め機能があらかじめ搭載されているものもあります。
たとえば、モナミヌウプラスSC200には自動止め縫い機能がついています。さらに糸も切ってくれるので、とても便利です。そのほか、ジャノメJP-710、ブラザーLS700などのミシンにも玉止め機能が用意されています。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    アーカイブ

    このページの先頭へ