ミシンの縫い始めはどうしたらいいの?

初めてミシンを縫う時には緊張しますよね。
今回は、ミシンの縫い始めに注意したいポイントについてご紹介します。

■縫い始める前の準備が大切

ミシンで布を縫い始める時には、まず布を「押さえ」の下にセットします。
この時、縫い始めの位置(位置A)から1cm程度手前(位置B)に置くのがポイントです。ほつれを防ぐために、最初は返し縫いをするためです。
流れとしては、位置B→位置A→位置B方面へ進んでいく、というのが正しいです。

■失敗を防ぐために

最初からいきなり用意した布を使うのはおすすめできません。ミシンの糸調子を見るために、不要な布の切れ端などで試し縫いをすると安心です。
また、縫う場所にまち針を打っておくのも良いでしょう。その際は、押さえがまち針の上を超える前にミシンを止めるように注意してください。一旦止めた後はまち針を抜いて、再度縫い進めていきます。
布がずれないようにするには、しつけをかけるのもおすすめです。しつけとは、糸で仮縫いをして止めておくことです。でき上がり線よりも内側に行なうと良いでしょう。ミシンで上から縫ってしまうと、後から非常に取りにくくなってしまうからです。
どちらも手間はかかるのですが、仕上がりの綺麗さが違うのでぜひ試してみてください。

■縫い進める時のポイントとは

「直線縫い」で縫う時には、ミシンの押さえより向こう側と手前側を、それぞれ片方ずつの手で持つのがポイント。押さえずに縫うと、布がたるんだり、ずれやすくなったりするので注意が必要です。
「ジグザグ縫い」をする時には、まず「直線縫い」で縫い始め位置から数cm程度まで縫い、返し縫いを行なうのがおすすめです。その後、ジグザグ縫いに切り替えて縫っていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    アーカイブ

    このページの先頭へ