ボビンはどうやってつけるの?

下糸をかける際には、ボビンに巻いた下糸をミシンの釜に入れる必要があります。
実際にボビンをかける手順としては、ボビンケースの有無によってやり方が異なるので注意しましょう。
簡単なのはやはりボビンケースがない場合になります。

■ボビンケースがある場合

ボビンケースがあるのは、釜のタイプで言うと垂直釜(垂直全回転式、垂直半回転式)になります。
この場合は、まずボビンに下糸を巻きつけた後、ボビンケースに入れます。その際、糸は少しボビンケースから出しておきましょう。
次に、ボビンケースの「切りわり部分」に糸を入れていきます。さらに、「糸調子ばね」に糸を挟んで、先の方から出していきます。
さて、糸調子を確かめるには、糸端を持ってボビンケースを上下に振るのが簡単です。正しくセットされていれば、ボビンケースがゆっくりと下へ下がっていきます。これを目安にしましょう。
ボビンケースを釜に入れる際には、ボビンケースの「つまみ」部分をしっかり引き起こし、「つの」部分が釜のくぼみに収まるように入れます。
ケースを入れたら、「はずみ車」を動かして、正しく動くかを確認してから縫い始めてください。

■ボビンケースがない場合

ボビンケースがないのは、釜のタイプで言うと水平釜です。この場合はとても簡単に下糸をかけることができます。
まずは、ボビンに下糸を巻きつけて、糸端を少し引き出しておきます。水平釜の場合は、針が落ちる当たりに透明なケースがあるので、それを取り外して釜のくぼみ部分にボビンを入れます。
この時に注意するのは、ボビンの糸の向きです。「反時計回り」に見えるように入れましょう。
あとは、下糸を釜の中にある溝にかけていくだけです。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    アーカイブ

    このページの先頭へ