上糸のかけ方とは?

上糸のかけ方は基本的なことなのですが、ちょっとしたポイントを間違えてしまうと、縫い始めた時にトラブルが起こってしまいます。ミシンによって糸のかけ方が違うため、今回は気をつけたいポイントとおおまかな流れをご紹介しましょう。

■最初にチェックしておきたい2つのポイント

上糸をかける前に、必ず2つのポイントをチェックしておきましょう。
まずは「針が上がっている」ことを確認してください。針穴に糸を通す必要があるので、針が下りた状態だと糸を通せません。
次に、「押さえ金が上がっている」ことも見ておきましょう。

■糸巻きセット時の注意

上糸のスタート地点は、糸コマ押さえ部分です。
この時、ミシンの糸立て棒が「横向き」か「縦向き」かを確認しておいてください。
「縦向き」の場合は問題ありません。
「横向き」の場合、セットの仕方によって糸がからまってしまい、途中で縫えなくなる可能性があるのです。
正しい向きは、次の方法でチェックしましょう。
(1)ミシン糸を横向きにする
(2)右手でミシン糸を押さえ、左手で糸端を持つ
(3)その状態で左側に糸を引き、次に間隔を近づけていく。この時に糸がからまなければ良い。糸がU字になっていればOK。
(4)次に右手と左手を入れ替えて、同じようにする。またU字になれば良い
この向きを保ったまま糸立て棒にセットすれば大丈夫です。

■上糸のかけ方

さて、実際に糸をかけてみましょう。
まずは、先ほど確認した糸立て棒に、「糸こま押さえ」をかぶせましょう。そのまま糸を引き出して、「糸案内」、「天秤」、「糸道」、「糸掛け」、「針穴」へと通していきます。
ほとんどのミシンでは、分かりやすいように矢印が書いてあったり、通す順番が記載されていたりするので、その通りにセットするだけでOKです。
なお、針穴に糸を通すのも、ミシンによっては簡単な操作でできるものもありますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    アーカイブ

    このページの先頭へ