「縫い方」の記事一覧

ズボンの裾上げは家庭のミシンでもできる?

■ズボンの裾上げは家庭でもできる?ズボンのお直し代は思いのほかかかってしまうものですよね。ですが、コツさえ抑えれば、ご自分でもミシンで裾上げができるということをご存知でしたか? 今回は、スーツのような裾先がすっと通ったズ・・・

ミシンのボタンホールの付け方

■ミシンならボタンホールも簡単おすすめです! ボタンホールって、特殊な道具がないと縫えないと思っていませんか? 実は、ミシンがあれば簡単に縫うことができるのです。中には、ボタンホールを縫うためのボタンがついているミシンま・・・

額縁縫いとは|ミシンでできるテーブルクロスやキッチンクロス

■額縁縫いってどんな縫い方?ハンカチや布の角部分をきれいに仕上げるために覚えておきたいのが「額縁縫い」です。テーブルクロスやキッチンクロスなどに使ってもいいですね。少し手間がかかってしまいますが、出来上がった時に美しく見・・・

多機能ミシンでできる「チェーンステッチ」とは

■チェーンステッチってどんな縫い方? チェーンステッチは、手縫いの刺繍にもよく使われますね。見た目が少し華やかな縫い方です。輪を縫いつないでいくことから、仕上がりは鎖状になります。「チェーンステッチ」という名称はそこから・・・

袋縫いとは|ミシンでできる

■袋縫いってどんな縫い方? 布を縫い合わせる時には、でき上がり線よりも外側に「縫い代」をとりますよね。ですが、この縫い代がほつれやすくて困った経験もあるでしょう。それを解消するのが「袋縫い」という方法です。 ■袋縫いのメ・・・

くけ縫いとは|ミシンでできる??

■くけ縫いってどんな縫い方? くけ縫いとは、和裁でよく使われる縫い方で、よく「くける」などと表現されています。折った布と布を縫う方法のことで、イメージとしては洋裁の「まつり縫い」に近いものです。 ■まつり縫いとはどう違う・・・

かがり縫いとは|ミシンでするならジグザグ縫いが必要

■かがり縫いってどんな縫い方? かがり縫いは、布の裏から表へ向かって、布端を巻くように縫い進めていく縫い方のことです。フエルト小物などでよく使われているので、見たことのある方も多いかもしれませんね。 布端の処理としてほつ・・・

ぐし縫いとは|ミシンでできる

■ぐし縫いとは? ぐし縫いとは、和裁の基本となる縫い方です。和裁の場合、並縫いが仮縫いとされ、ぐし縫いが本縫いとされていますね。ポイントは、針先だけを動かして、表・裏の両面を等間隔の細かい針目で縫っていくことです。ポケッ・・・

返し縫いとは|ミシンでできる

■返し縫いってどんな縫い方? 「返し縫い」は、通常の縫い方である「直線縫い(並縫い)」よりもじょうぶな仕上がりになるのが特徴です。「直線縫い」で進んでいったものを、また元の場所まで戻っていくようなイメージで縫う方法をさし・・・

直線縫い|ミシンでできる

■直線縫いってどんな縫い方? 直線縫い(並縫い)は、手縫いでもよく使われていますよね。もっともポピュラーな縫い方だとみて間違いないでしょう。 生地の裏側から出した糸を、表側から裏側へとまたさしていきます。この動きを繰り返・・・

サブコンテンツ

最近のコメント

    アーカイブ

    このページの先頭へ